STRUCTURE 構造

先進の建築技術の粋を集めた〈ライオンズタワー大島〉。
地震などの災害に強く、より快適な生活を実現する住宅品質になっています。

国土交通省、東京都から認められた3つの安心

構造-国土交通省による評価・認定-

■一般マンションより厳しい耐震性能チェック
一般のマンションとは異なり、耐震性・防災対策など、国土交通省が指定した第3者評価機関「日本ERI株式会社(超高層建築評定委員会)」による客観的な評価・認定を受けています。
※一般のマンションとは、高さ60m以下のマンションのことです。

[日本ERI株式会社とは]
超高層建物の耐火性能、耐震性能、遮音性能等の性能評価・認定をする、国土交通大臣から指定された性能評価機関で、100棟以上の認定実績を持っています。

品質-国土交通省による評価 (住宅性能評価書)-

■客観的な評価で「安心」
国土交通大臣が指定した第3者評価機関「ハウスプラス住宅保証株式会社」が、マンションの性能を客観的かつ具体的な等級や数値等で評価します。

■厳しい現場検査による評価で「安心」
竣工時の建設住宅性能評価書の交付までに計9回の厳しい現場検査が行われています。

[ハウスプラス住宅保証株式会社とは]
住宅性能評価書に基づき、国土交通大臣から指定を受けた第3者評価機関で、設計・施工・竣工段階の評価・検査を行う指定性能評価機関です。

※仲介物件など二次取得の場合は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)の定める「新築住宅」に該当しないため、登録住宅性能評価機関による評価内容の保証はありません。また、品確法に基づく瑕疵担保責任は負いません。
※仲介物件など二次取得の場合は、「指定住宅紛争処理機関」の利用はできません。

管理-「東京都優良マンション登録表示制度」認定-

■東京都優良マンション登録表示制度とは
建物(共用部分)の性能と管理状況の両面において、一定の水準を確保している分譲マンションを、「財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター」が認定・登録するものです。

■東京都優良マンション登録表示制度の目的
・マンションの管理組合の方にとっては、管理の水準が明らかになり、適切な維持管理につながります。
・新築または、中古マンションを販売する方にとっては、広く情報が提供されることにより、購入者への窓口が広がります。
・新築または、中古マンションを購入される方は、建物の性能や管理状況がわかり、購入の判断材料となります。

[財団法人東京都防災・建築まちづくりセンターとは]
東京都の指定を受けた「東京都優良マンション登録表示制度」の認定機関です。

災害に強く、快適さを実現する構造

銅管杭

〈ライオンズタワー大島〉のタワー棟には、耐震性に優れた鋼管杭が採用されており、地下約47mの支持地盤にしっかりと固定されています。鋼管杭は、垂直・水平方向に極めて大きな耐力を持っており、杭先端の支持層に十分に力が伝達され、大きな支持力が得られます。また、断面剛性が大きく粘りがあるため、大きな水平抵抗力が期待でき、地震のような横方向からの荷重にも強靭な耐性を示します。

建物構造

〈ライオンズタワー大島〉は、コンクリートの壁で固めて、地震に対して力(強さ)で抵抗する剛構造ではなく、しなやかに変形することにより地震力を和らげた上で、地震に対して抵抗する柔構造が採用されています。この柔構造設計により、耐震性が高められています。

高強度コンクリート

〈ライオンズタワー大島〉は、高強度コンクリートが採用されています。高強度コンクリートは、最大約600kg/cm³と一般のマンションの2倍以上の圧縮強度を持ち、押しつぶす力に強いのが特長です。また、コンクリートの耐久性を左右するセメントと水の配合率(水セメント比)が55%以下に設定されており、コンクリートの強度と耐久性が向上しています。

さや管ヘッダー

給湯や給水管には、さや管ヘッダー方式・架橋ポリエチレンが採用されています。従来の金属管とは違い、サビ等の心配がなく、衛生かつ耐久性に優れています。また、「配管」とそれらを保護する「さや管」による2重構造と、配管を分散する「ヘッダー」から成り立っているため、交換等のメンテナンスも容易です。

高強度鉄筋・高強度せん断補強筋

〈ライオンズタワー大島〉は、高強度鉄筋と高強度せん断補強筋が採用されています。柱などに使用されている高強度鉄筋の主筋は、引張力に抵抗する強度が一般のマンションで使用されているものの約1.9倍。さらに主筋を補強する帯筋(フープ筋)は、785N/mm²と約2.6倍もの強度を誇ります。この帯筋は、せん断補強筋と呼ばれ、横方向への力(水平力)に対して有効に働き、地震時の横揺れなどに粘り強さを発揮します。

2重床・2重天井

2重床・2重天井とは、床材とコンクリートスラブの間に空気層を設けた構造のことを言います。足音や物を落とした時の衝撃音を吸収する遮音性があり、断熱性や歩き心地にも配慮されています。また、ガス、給水、給湯配管をコンクリートの中に埋め込まないので、コンクリートを傷つけることなくメンテナンスができ、将来のリフォームの自由度を高めます。

住戸内断熱

外壁には、室内側の壁に20mmの吹き付け硬質ウレタンフォームが使用されており、天井にも外壁から1mまでを吹き返すことにより、結露対策が行われています。

乾式耐火間仕切壁(タワー)

住戸の戸境壁は、厚さ約136mmの乾式耐火間仕切りが使用されています。耐火性能を有するとともに、間仕切りの間にグラスウールを充填することによって、コンクリート壁と同等以上の遮音性能が確保されています。

快適なタワーライフを守るセキュリティ

都市のマンションライフに欠かせない防犯対策。
〈ライオンズタワー大島〉では、24時間有人管理や24時間体制の「L.O.G.(ライオンズ・オンライン・ガード)システム」など先進のシステムが整備されています。
それらに加え、「玄関ダブルロック」や「TVモニター付きインターホン」等、プライベート空間のセキュリティ対策も施されています。

24時間有人管理防災センター

日中は管理員、夜間は監視員による24時間防災管理で、居住者の暮らしを守る体制が整えられています。

L.O.G.システム

24時間体制で、マンション内の各種警報を防災センターにあるL.O.G.発信機を経由して、株式会社大京アステージ・ログシステムセンターへオンラインで自動転送します。
※上記の内容・写真は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。
※参考写真・参考イラストは実際のものとは多少異なります。